REAL VOICE- 先輩社員のホンネ -

※2019年11月取材

『成長』を感じるのはどんな時ですか?
「うちの会社の若い社員にはこんなにしっかりした人いませんよ」という言葉

モデルルームにご来場いただいたお客様から、接客の後に「とても分かりやすかったです」、 「うちの会社の若い社員にはこんなにしっかりした人いませんよ」というお言葉を頂けることがあります。 お客様のほとんどは、私より年齢も会社での役職も上の方ですし、その方自身の会社の方や、 他社の営業担当と比較した客観的な評価だと考えれば、 「着実に成長できているのかもな」と感じられますね。

『兼務』ってどのようにやるのですか?
営業での仕事の延長線と考えています。
私は分譲営業と、引き渡し業務を兼務しています。 営業の仕事ではモデルルームなどの案内からマンションのご契約までが基本ですが、 ご契約頂いたお客様は契約以降も住宅ローンや登記手続きなど、ご入居に向けての手続きがたくさんあります。 お客様により安心して頂くためにも、お客様に関わることは何でも知っておきたい、という気持ちで兼務に取り組んでいます。 その為実際には土日は分譲営業、平日は引き渡し業務と分けて仕事していますが、私にとって兼務は営業としての能力に厚みを増すためのものと考えています。
仕事のやりがいは何ですか?
結果が分かりやすい!
営業は一つの指標として、契約件数や売上額等の単純な「数字」があるので結果が分かりやすいです。 結果に対して何が良かったか振り返り、時には反省することで次につなげることもできます。 また、お客様と触れ合う仕事だからこそ、数字だけでなく、ご契約からお引渡までの間やその後も、 お客様の感想を直接頂くこともできるので、「もっと満足していただけるようにしたい!」と励みにもなります。
仕事に文系、理系は影響しますか?
しません!大事なのは仕事に取り組む姿勢です。
ビジネスの現場では、今まで学んできたことが必ずしも通用するとは限りません。 理系出身で大きな成果を上げている営業担当もいますし、文系出身で商品企画や設備設計に関わる仕事をしている社員もいます。 仕事に対して前向きに取り組む姿勢があれば、文系・理系は関係ないと思います。 ただし、扱う対象も高額なので数字アレルギーはなくしておいた方がいいかもしれませんね。
  • 文系出身
  • 若手
  • 用地仕入れ
  • 文系出身
  • 若手
  • 管理部門
  • 文系出身
  • 若手
  • 業務
  • 理系出身
  • 若手
  • 兼務
  • 設計監理・商品企画
  • 分譲営業
  • 文系出身
  • 中堅
  • 兼務
  • 分譲営業
  • 業務
  • 文系出身
  • 中堅
  • 用地仕入れ
  • 理系出身
  • 中堅
  • 設計監理・商品企画
  • 文系出身
  • 中堅
  • アフターサポート
  • 文系出身
  • マネージャー
  • 分譲営業
  • 文系出身
  • マネージャー
  • 分譲営業
  • 理系出身
  • マネージャー
  • 設計監理・商品企画
  • 働くママ
  • 理系出身
  • マネージャー
  • 事業統括